お知らせ

平成30年9月定例議会(最終日)H30.9.26


注:議会としての正式なものではありません。

◎議会放映までの経緯
◇平成17年3月22日付けで、村民1500名の署名を添付し、「山中湖議会のテレビ放映の実現に向けて」と題した「誓願書」が提出されました。
 議会は、特別委員会を設置し慎重に審議し、同年12月定例議会において、全会一致で採択されました。
◇あれから13年、議会はその責任を果たしてきませんでしたが、ひぐちは、昨年(H30年)6月に「議会運営委員」になったことから、村民の「誓願」に応えるべく9月定例議会からの実現を目指し努力してきました。その反面、議長を先頭に「その必要はない」「時期早々」などの意見が飛び交い纏まらず、やっと同定例会最終日のみの撮影となりました。
◇ところが、実際の放映までには、更なる抵抗があり議員間で大バトルとなりました。一次は放映不可能の状態でしたが、平成30年12月3日と4日にやっと放映できました。
◇しかし、ご覧になった方々から「何を議論しているのか分かりづらい」とのご指摘があり、議場で審議している”議案名”や”採決結果”などを分かりやすくするため書き加えました

◎かかった費用(支払い済み)
 撮影費:¥63,720-(撮影カメラマン1名1日分)
 放映費:¥17,280-(1日2回放映を2日分)

◎本ページでご案内する理由
 ・上記のように、撮影費用も放映費用も村民の皆さんの税金から賄われています。
  ところが、CATV加入者(約半数の世帯)しか視聴することできないのは納税者に対する不公平であり(樋口も未加入)、当初予定していたインターネット配信をするよう提案しても、半数の議員が賛成しませんでした。
 ・従いまして、村民の代表である議員の責務として、一人でも多くの村民の方々にご覧いただけるよう、本ページにてご紹介しました。
 ・全国の多くの自治体議会が実施している、議会のインターネット放映が実現できるよう、引き続き努力してまいります。
 
◎ケーブルテレビ富士(CATV山中湖)から抗議と削除要請
 ・撮影および放映委託先の(株)ケーブルテレビ富士から、「著作権侵害」を理由にユーチューブおよび当HPから削除するよう抗議がありましたので、村民からの誓願の経緯や今後の方針などを流石社長に説明しましたが、不当にも2月16日にユーチューブから削除されました。
 ・そこで、本ページをリニュアルし、村民の皆様の願いにお応えしたものです。